キンコン西野が個展会場でトラブル 中止も考えた - 日刊スポーツ
絵本作家としても活躍するキングコングの西野亮広が、開催中の個展会場で店舗との間にトラブルが生じたことを明かした。西野は兵庫県川西市にある「満願寺」で個展を ...
(出典:日刊スポーツ)


西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日 - )は、日本の絵本作家、お笑いタレント。お笑い芸人としては本名の西野 亮廣(にしの あきひろ)名義で、漫才コンキンコングのツッコミとネタ作りを担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。
39キロバイト (5,065 語) - 2019年4月27日 (土) 01:45



(出典 i.daily.jp)


キンコン西野って凄すぎだろwwwどんだけ成功するねん!

1 湛然 ★ :2019/05/05(日) 19:26:37.26 ID:Wu33bnTx9.net

2019年5月5日 18時34分スポーツ報知
キンコン西野、個展でトラブル「『営業妨害』でキレられる」と明*

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(38)が5日、自身のブログを更新。「キンコン西野が『営業妨害』でキレられる」と題し、兵庫県川西市の満願寺で開催中の個展でトラブルがあったことを報告した。

 西野は「連日、2000人を超えるお客様が足を運んでくださっています(昨日は2500人)」という個展を開催中。

 4日に「満願寺のカフェの前で、購入いただいた絵本にサインを入れていたら、列が伸びてしまって、お店の入り口を塞いでしまったんですね(これは、よくないですね)。すると、お店のオーナーさんが飛び出てきて、『営業妨害だから、他所でやってくれ!』と、ものすごい剣幕で怒ってこられて、本当にたくさんのスタッフさんが汗を流して、この場所(満願寺)にありえないぐらいのお客さんを呼んでくれていることを知っている僕は、『それにしても、言い方があるなぁ』と思ったわけですが、そこから畳み掛けるように、『あと、参拝せずに、個展を楽しんでいる人がいるから、まずは参拝してから、個展を楽しむようにキチンと伝えてくださいっ!!』と怒られてしまいます」と満願寺内で経営している店舗とトラブルが起こったことを明かした。

 店舗の入り口をふさいでしまったことには謝罪の言葉を述べたが、「僕は、『参拝』はあくまで個人の意思であり、“強要するものではない”という考えでしたし、それより何より、お客さんの目の前で怒鳴り散らすその姿勢が少しだけ納得がいかなくて、その瞬間に、『チックタック 光る絵本と光る満願寺展』を終了させよう」と思っちゃったんです(未熟ですね)」と持論をつづった。

 「自分の性格がクズすぎることは重々承知しているのですが、でも本当に僕は『我慢』というものができないんです。実際、『はい、終了。撤収』という言葉が、喉まで出かかっていたのですが、それをスタッフさんが止めてくださいました」と個展の中止も視野に入れたが、スタッフの制止もあり思いとどまったと感謝した。

 今後の日程については「毎年開催しようと思っていましたが、『営業妨害だ!』と怒られてしまったので、さすがに、もう『満願寺』で個展を開催することは二度とありませんが、ただ、この場所の魅力は一人でも多くの方に知っていただきたいので、予定通り、5月12日までは個展を続けて、全国からたくさんのお客さんをお呼びしたいと思います」とした。


(おわり)


【【実業家】キンコン西野 個展を開いたが、行列が出来すぎて、他の店の入り口を防ぎ、営業妨害でキレられる!】の続きを読む